象印 圧力IH炊飯ジャー NP-WA10-TP 5.5合

象印 圧力IH炊飯ジャー NP-WA10-TP 5.5合   高価買取致しました。

象印 圧力IH炊飯ジャー NP-WA10-TP 5.5合
リサイクルショップ大阪アシストお見積無料お問合せ先

携帯電話・スマートフォン

のお客様、下記電話番号を

クリックしてお電話下さい

 

0120-467-674

リサイクルショップ大阪アシストお問合せ先

極め羽釜 コンテンツトップへ

羽釜炊きの秘密 おいしい釜には、羽がある。

先人たちが愛してやまなかった、大粒でハリのあるごはん。
そのおいしさの秘訣は、かまどで炊くときの、羽釜の形にありました。
薪をくべた激しい炎を、釜の羽で受け止め、お米に効率よく熱を伝えていたのです。
この理想的な炊き方を受け継いだのが、
象印の培ってきた技術を結集させた『極め羽釜』です。
独特の羽釜形状で、大火力を生み出し、昔ながらのおいしさに炊きあげます。

 
 

大火力で包みこむ「かまどヒーター」

釜の羽に密着して、じかに熱を伝える「かまどヒーター」。そのヒーターの面積を従来の約3倍※1にし、加熱を約1.6倍※2に強化して、側面からの大火力を生み出しました。さらに、底・ふたヒーターからの加熱も強く、かまどの炎のような強火で、お米一粒一粒に熱を行き渡らせます。

※1 当社従来品平成24年 NP-SC型羽釜ヒーター面積38.0 cm2 NP-WA型かまどヒーター面積146.0 cm2との比較 ※2当社従来品平成24年 NP-SC型羽釜ヒーター50W NP-WA型かまどヒーター80Wとの比較

 

大火力を閉じこめる「空気断熱層」

スプリング(ばね)構造のかまどヒーターの上に、釜の羽が乗ることで、羽釜と本体部分が密着。そこに生まれる「空気断熱層」が、高い蓄熱・断熱効果を発揮し、釜内から熱が逃げるのを抑えます。羽釜炊きの大火力を閉じこめて、ごはんの粘りや弾力を目覚めさせます。

 

炊きムラを抑える「広く浅い内釜」

炊きムラを抑える「広く浅い内釜」

お米は炊きムラを抑えることで、α化が促進されます。広く浅い内釜は、釜全体に効率よく熱を伝え、炊きムラを抑えます。熱の対流も激しくなり、大粒でハリのあるごはんが炊きあがります。

 

精密に削り出し、溶接するステンレスの羽

『極め羽釜』の生命線とも言える羽部分は、蓄熱性の高いステンレスを採用しています。その羽を精密に削り出し、内釜本体に溶接することで、昔ながらのおいしさを引き出す、羽釜の形が完成します。